あの日、私たち日本人が、メディアを通して目撃したことは真実だったのか? なぜ日本人は、原発に対して、あれほど無力だったのか? 閉ざされていた全てが、いま明らかになる──。

 あの日、日本は消滅の危機に瀕していた。

2011年3月11日午後2時46分。東日本大震災発生、福島第一原発では、

全電源喪失の事態に陥った。冷却装置を失った原子炉は、温度が上がり続ける。

チェルノブイリに匹敵する、最悪の事態が迫っていたのであった。

 

巨大な怪物へと変貌を遂げる原発に対して、想定外の状況を前に、判断を誤る科学者たち。

情報不足のまま、混乱を極める官邸、そして故郷に別れを告げ避難を急ぐ市民たち。

打つ手のないまま、時は刻々と過ぎ、やがて無情にも地震発生から翌日の

3月12日午後3時36分、1号機の原子炉建屋が水素爆発したのであった。

続けて3号機で、2号機で、連鎖するように起こる異変。

破滅に向けてのカウントダウンは、止まることを知らなかった……。

©2016 「太陽の蓋」プロジェクト/Tachibana Tamiyoshi